[XX-08-2017]ベトナム(ホーチミンシティ)#4

※ 21-11-2017 更新
早朝,枕元のスマートフォンが鳴り,目が覚める。Uberで予約したタクシーの運転手からの電話だ。ベトナム語で話をされてもちんぷんかんぷんなので,英語で聞いてみるがらちがあかない。枕元でセットした目覚まし時計が鳴らなかったらしく,時刻を見るとすでに6時。昨夜の内に出発の準備をしておいてよかった。豪華な朝食に後ろ髪を引かれながら急いでチェックアウトし,Uberのアプリをみると,ホテルの近くに来ているらしい。また運転手から電話がかかってきたが,やはりベトナム語しか話せないようで,困っているとそばにいたドアマンが心配そうにくるので代わってもらった。どうも車をつける場所を訊いているようだ。

Uberのアプリには概算で料金が出るので,昨夜調べたときにはカード払いでは2万ドンいかないくらいだったが,キャッシュを使い切るため現金払いにしたせいかその表示がない。念のためドアマンにタンソンニャット国際空港までのタクシー料金を聞いてみるとだいたい最大で20万ドンくらいだろうとのこと。15万〜20万ドンくらいという各種情報ともおおむね一致するのでそれを基準にする。

やっとタクシーがホテルの車寄せに到着し,それに乗り込む。空港までは車やバイクの交通量は多いものの順調に流れており,渋滞に遭うこともなくほぼ時間通りに国際線ターミナルに到着した。

料金は20万ドンだと運転手が言うので,ちょっと高めだが早朝だし,相場の範囲でもあるしちょうどキャッシュもきれいになくなるのでそのまま言い値で支払う。数分後,Uberから領収書がアプリに送られてきたので見ると,15,000ドンになっている。あの運転手は差額を丸儲けしたわけだ。即座にアプリからUberにクレームを入れると,お詫びとともに5万ドン分のクーポンが送られてきたが,もらったところで使い道がない。Uberでは現金払いはやめたほうがいい。

航空会社のカウンターに行くとすでに長蛇の列。事前にwebチェックインをしているが,サイゴンでの作業なのでプリントアウトをしておらず,キオスク端末もないので列に並ぶ必要があるかと思って職員に訊くと,それならこちらでと優先的に別のカウンターで搭乗手続きをしてくれた。

第一関門をスキップできたものの,出国審査がまた大行列。これを越えるとつぎに保安審査で行列。係員に荷物を開けろと指示され,中身を見せると羽田の免税店で買った土産物を見つけられ品名を訊かれたので答えるとオーケーとのこと。

保安区域内はちらほらと免税店がある程度で,やや大きめの地方空港といった趣。起きてから何も食べておらず空腹なのでラウンジに入って休憩がてら朝食にフォーを食べ,ビールを呑む。飛行機に搭乗後は酒を呑んで機内食をつまみ,仮眠して過ごす。到着した成田空港ではさっくりと入国審査と税関を通過。ラウンジでビールを呑み,時刻表をあれこれ見ながら都心に戻るアクセス手段を検討,結局JRに乗って帰った。

タンソンニャット国際空港のオーチャードラウンジ
タンソンニャット国際空港のオーチャードラウンジ。メインの通路からエレベーターで1フロア分降りるが,アクセスが少しわかりにくい。

※この項,更新予定あり。

[XX-08-2017]ベトナム(ホーチミンシティ)#3

※ 29-10-2017,14-11-2017,21-11-2017 更新
またも夜明け前に鶏の鬨の声で起こされる。朝食にバゲットとオムレツを食べ,ベトナムコーヒーを呑みながら一服。フランスの植民地だったせいか,どこでもバゲットがあるし,しかもたいていはおいしい。

朝の散策にホテルを出る。近くの路地では路上で野菜や肉,魚,それに蟹が売られていてさながらミニ市場の様相。魚はとれたてのようで,路上に置かれた桶から飛び出して道路ではねる鯰もいる始末。肉は屠殺後解体された部位がそのまま並べられている。

路地の即席市場#1
路地の即席市場。野菜だけでなく肉や魚も売られている。
路地の即席市場#2
かがんでいる女性の前にある桶に生きた鯰がいるが,このあと桶から飛び出すことに。

そのままファングーラオ通りに出て,西に進むとコンクイン通りとの交差点角周辺にタイビン市場があり,生鮮食料品だけでなく衣料品も売られていた。なかには川魚と一緒に生きた蛙を売っている店も。

タイビン市場
タイビン市場はテント屋根の商店が軒を連ねており,青空市場っぽい雰囲気がする。

タイビン市場を出てバスターミナルを横目に9月23日公園を突っ切る。デタム通りとの交差点付近にあるツーリストインフォメーションセンターに立ち寄ると,日本語のガイドブック,折りたたみ地図があったので入手する。特に折りたたみ地図は裏面がバス路線図となっているので利用価値は高い。

さらに9月23日公園を横断してルロイ通りを渡って北側にあるロータリーから8月革命通りに進み,右折すると野外音楽場のような施設が見える。その先には映画館らしきものがあり大きな映画の看板がかかっていて,薔薇の花を持った髭の表情からするとたぶんコメディなんだろう。後で調べると,ここは「Galaxy Cinema」というシネコンで,看板の映画は「YÊU ĐI, ĐỪNG SỢ!」(リンク先はYouTubeにある映画の予告編)というゴーストもののコメディのようだ。

映画の看板
コメディ映画のわかりやすい看板。薔薇の花を持った髭の表情だけでご飯がおかわりできそうだ。

その先の交差点の角には例によって天井から渦巻き線香がぶら下がる中華寺院があり,ここでもやはり門前で鶏が飼われている。こいつらが夜明け前から鬨の声をあげているのだろう。

路上の鶏たち
華人寺の前の路上で放し飼いになっている鶏。1匹だけ籠に入れられているのはなぜだろう。

交差点を左折すると通りの左右に文化公園(タオダン公園)が広がる。統一会堂の南西隣りに位置している。喧噪から離れ,小鳥のさえずりまで聞きながらベンチに座ってしばし休憩。

文化公園
統一会堂の南西隣りに位置する文化公園。別世界のように静か。

公園からリートゥーチョン通りをしばらく歩き,なぜかサイゴンにもある丸亀製麺の交差点を右折してヒンドゥー寺院に立ち寄る。参詣者はインド人が多いのかと思いきや,地元民ばかりだった。

ヒンズー寺院
マリアマン・ヒンドゥー寺院。ここだけインドになる。ファザードだけでなく,内部にも極彩色に彩られたヒンドゥーの神々が多数あしらわれている。

リートゥーチョン通りを左折し,ベンタイン市場の北門を背にトゥコアフアン通りを北西方向に3分ほどまっすぐ歩いて左側にある食堂「Đại Cát Tường」(ダイカットゥーン)で小腹が空いたのでフォー・ガー(55,000VND)を食べる。後から調べると地鶏料理の専門店とのことで,鶏の出汁が利いていて非常においしい。いままで食べた中で一番おいしいフォーだと思う。

地鶏料理店ダイカットゥーン
フォーがおいしい地鶏料理店ダイカットゥーン。店の正面には調理中の鶏がぶら下がっている。

食後,またベンタイン市場に行く。北側の生鮮食料品売り場から順番にぐるりとまわって一通り店先を冷やかす。

ベンタイン市場の肉売り場
ベンタイン市場の肉屋。この店は豚の内臓を主に扱っているようだ。屠殺して間がないらしくどれも新鮮そう。

ホテルに戻ってチェックアウトし,9月23日公園にあるバスターミナルから19番の路線バスで徴姉妹(ハイバーチュン)通りまで行く。バスを降りて平行するドンコイ通りまで歩いて,次に泊まるコロニアル風の老舗ホテルに到着。チェックインまで時間があるので,フロントにスーツケースを預けて散策に出る。

近くにあるマジェスティック・サイゴンの隣にあるクレジットカード会社のプラザで近辺の店を教えてもらい,手始めに小腹が空いていたのでハムギー通りにあるパン屋兼食堂「Như Lan(ニューラン)」に入る。名物のバインミー(25,000VND)は日本で食べるのとは比較にならないくらいおいしく,店も繁盛しているようだ。

パン屋兼食堂のNhư Lan(ニューラン)。
パン屋兼食堂のNhư Lan(ニューラン)。ハムギー通りの角地にある。
Như Lan(ニューラン)の店頭
Như Lanの店頭。鶏や豚がおいしそうに炙られている。右下に見えるのは子豚か。

広いグエンフエ通りをホーチミン人民委員会庁舎の前に立つホーチミン像まで歩く。雨がぽつりぽつりと降ってきたし,チェックイン時間にもなったのでホテルに戻ってチェックインを済ませる。

ホテルの部屋はバスルームともども広く,前日までとは打って変わって豪華な気分に。折りたたみ傘を持ってふたたび散歩に出るが,小雨の上じっとり蒸し暑い。新しいショッピングセンターにある高島屋を覗いてみた後,統一会堂,聖母マリア教会,中央郵便局と歩く。

統一会堂の正面
統一会堂の正面。8月革命と建国72周年を祝う幕を門にかけているところだが,なかなか位置が定まらずあれやこれやと微調整しているところ。

聖母マリア教会は工事中で外側からしか見学できない。やや歩き疲れたので中央郵便局近くの書店通りのこじゃれたカフェで一服。ドンコイ通りを歩いてホテルに戻る。

中央郵便局の内部
中央郵便局の内部。社会主義国らしく正面にはホー・チ・ミンの肖像画が掲げられている。コロニアル様式の建築で観光名所となっているが郵便業務も通常通り行われている。

夕食はクアンコム・ビンザン(地元民向けの大衆食堂の総称)に行こうと考えていたが,疲れたので手近な店に入る。バインセオを頼んだが,サーブが遅い上に量が多くちょっと失敗した。ハイバーチュン通りからドンコイ通りの雑貨屋を冷やかしつつ散策するが,どこも土産物の仕入れ元が同じらしく,似たような商品で食指が伸びず。陶器の店は比較的おもしろい品物があったが,割れやすいし荷物になるので断念。

結局,何も買わずにホテルに戻り,酒を呑もうと最上階のバーに行くとなぜかカントリーバンドが大きい音で演奏している。これでは落ち着かないので店に入るのをやめる。次にプールサイドのパティオにあるバーに足を運ぶと雰囲気はよいのだが野外ゆえ蒸し暑いので,ここにも入らず部屋に戻ってビールを呑む。

翌日は朝の便に乗るため6時過ぎにはチェックアウトして空港に行く必要がある。さすがに路線バスは心許ないのでタクシーを使うことにしたが,Uberだと安くあがるらしいので,アプリで6時にホテルから空港への送迎を予約する。荷物をパッキングした後,ビールを呑みつつ,まどろんで寝た。

※この項,更新予定あり。