[10-2016]琉球(那覇・やんばる)

内地では秋の気候なのに那覇空港に到着すると蒸し暑い。西町エリアに宿泊したので,空港からタクシーではじめてうみそらトンネルを通ってホテルに向かう。

チェックイン後,辻の料亭街などを散策し波上宮に参詣。中国人観光客の姿が目立つ。波の上ビーチに降りてみるとこの時期に海水浴で楽しんでいる人たちがいてすこし驚く。

ふらふらと国際通り周辺まで歩き,パレットくもじにあるりうぼうの銘菓コーナーでいつもの本家新垣菓子店の金楚糕(ちんすこう)を買おうとしたらなんと売り切れで週に2回しか入荷しないそう。とりあえず本店の電話番号を教えてもらう。

安里までゆいレールで移動し,栄町市場あたりで夕食を取ることに。居酒屋で泡盛を軽く飲んで,そばでも食べようと牧志まで戻る。ところが目当ての店が休んでいたのでホテル近辺まで路線バスで戻り,大衆食堂でそばにありつき,近隣のりうぼうストアで買い込んだ酒を部屋で呑んで寝る。

翌朝はたびらい経由で安く借りたレンタカーで首里城公園に立ち寄り,ここの売店でしか売られていない新垣カミ菓子店のちんすこうを買う。ついでに久しぶりに首里城趾にも足を運ぶが,ここは基本的に建造物を復元しているので御嶽以外はあまり興味を引かれない。天気がよかったので那覇市街を眺めたのち,A&Wに立ち寄って店舗限定のモーニングメニューで朝食を済ます。

[写真]万座毛
[写真]万座毛。

国道58号線を北上し,北中城村のライカムエリア近くで昼食にステーキを食べる。量が多いので食べきれるかと思いきや,比較的あっさりした赤身肉で意外とするりと食べきれた。嘉手納基地そばの沖縄南インターチェンジから屋嘉インターチェンジまで沖縄自動車道でショートカットし,恩納村の万座毛に立ち寄る。ここでも中国人観光客が多く,セルフィースティックをつなげたスマートフォンで写真を撮りまくっているのが彼らの目印になっていた。
名護市内を通過し,真喜屋交差点で左折する。車窓に遠浅のマングローブ林を見ながら橋を渡って奥武島を通り抜け,さらに屋我地島に渡る。島内に広がるサトウキビ畑の間を抜けると沖縄を実感する。部落を通過する際,「沖縄愛楽園」の交通標識があったので,何の施設だろうかと後で調べてみると古くからある癩病患者の国立療養所ということだ。

さらに古宇利島との間に10年ほど前に完成した橋を渡る。まさに絶景なのだが,いかんせん運転中。片側1車線の橋の上に停車するわけにもいかず,両側に広がる翡翠色の海を横目で眺めて島に到着。橋詰公園に車を止め,ビーチに降りるとここでも海水浴で楽しむ人がいてうらやましい。

公園には売店やパーラーがあり,冷えたフルーツを食べてしばし休憩。丘の上にある部落内を経由して島内を一周,ふたたび古宇利大橋から屋我地島を経由して真喜屋交差点まで戻り,国道58号を北上する。

このあたりから山原になるのか,国道沿いの人家や商店も減り,ローカル色が強くなる。国道は原生林と東シナ海の海岸にはさまれたルートなので眺めがよい。辺戸岬まで行こうかと考えていたが,時間もかかるしとりあえず大宜味村に着いたところで喜如嘉部落の芭蕉布会館に立ち寄ってみようとするがこの日はあいにく休み。部落内をぐるっと回りながら近隣に密生する糸芭蕉の木をみて満足する。

夕方になると道路の渋滞もあるので,移動時間を考えて那覇へ帰ることにする。大宜味村の道の駅に立ち寄るとシークヮーサーや赤土大根などの農産物がもりもりと並べられていた。芭蕉布を使った小物はないかと探してみるが,クバ笠などはあるものの,残念ながら売られていなかった。建物の南側には親川の滝が,正面には根路銘海岸があり,なかなか景色がよいのでまた訪れてみたい。

帰路は58号線をひたすら南下し,往路よりはやめに許田インターチェンジから沖縄自動車道に乗り,西原インターチェンジで国道330号線に降りて,浦添市から途中軽い渋滞にあいつつも那覇市に戻った。「外国人が運転しています」とのステッカーが貼られたレンタカーがちらほら目についたのが気になった。後日,聞いた話だと交通ルールをよく知らない外国人ドライバーとのトラブルが増えているらしい。

自動車を営業所に返却し,ホテルに戻って知人と合流。また栄町市場で呑んで一日が終わった。
翌日,所用を済ませて午後の便で内地に戻ったが,頭が南国モードから切り替えるのに苦労した。

久しぶりの沖縄旅行

旅行といっても所用で那覇に行くついでに現地で遊ぶことにしたので純粋な観光目的ではないけれど,レンタカーを借りて北部の大宜味村までドライブしたりとなかなか楽しかった。気になったのは国際通り近辺で,妙に小綺麗な店や内地資本とおぼしき商店が幅を利かせ,かつての南国らしい雑多な雰囲気が薄れてしまったのがもったいない。牧志のマルフクレコードはずいぶん前に閉店したと聞くし,歩いた中では民芸品店も1店舗のみと絶滅寸前。昔,芭蕉布の小銭入れを買ったあの民芸品店はいつなくなったのだろう。

——と,昔を偲んで感傷めいたことがつい口から出るのはなんだか年寄りくさくっていけないな。

文楽鑑賞メモ

  • 国立劇場五十周年 寿式三番叟,一谷嫰軍記(いちのたにふたばぐんき)三段目 弥陀六内の段/脇ヶ浜宝引の段/熊谷桜の段/熊谷陣屋の段
  • 七世竹本住大夫引退公演 増補忠臣蔵,恋女房染分手綱(こいにょうぼうそめわけたづな)[引退狂言]沓掛村の段/坂の下の段,卅三間堂棟由来(さんじゅうさんげんどうむなぎのゆらい)平太郎住家より木遣り音頭の段
  • 妹背山婦女庭訓(いもせやまおんなていきん)道行恋苧環/鱶七上使の段/姫戻りの段/金殿の段
  • 傾城阿波の鳴門(けいせいあわのなると)十郎兵衛住家の段,冥途の飛脚(めいどのひきゃく)淡路町の段/封印切の段/道行相合かご
  • 傾城反魂香(けいせいはんごんこう)土佐将監閑居の段,艶容女舞衣(はですがたおんなまいぎぬ)酒屋の段,壇浦兜軍記(だんのうらかぶとぐんき)阿古屋琴責の段
  • 義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)椎の木の段/小金吾討死の段/すしやの段,五十年忌歌念仏(ごじゅうねんきうたねぶつ)笠物狂の段,菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)寺入りの段/寺子屋の段,日本振袖始(にっぽんふりそではじめ)大蛇退治の段
  • 曾根崎心中(そねざきしんじゅう)生玉社前の段/天満屋の段/天神森の段
  • 日高川入相花王(ひだかがわいりあいざくら)渡し場の段,舌切り雀

歌舞伎鑑賞メモ

上から新しい順。鑑賞教室ばっかりだなあ。

  • 義経千本桜 2部いがみの権太 すし屋 3部狐忠信 道行初音旅・川連法眼館(歌舞伎座)
  • 新皿屋舗月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)―魚屋宗五郎―(歌舞伎鑑賞教室)
  • 籠釣瓶花街酔醒(歌舞伎座)
  • 十七世中村勘三郎二十七年忌、十八世中村勘三郎三年忌追善 菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)寺子屋(歌舞伎座)
  • 傾城反魂香(けいせいはんごんこう)土佐将監閑居の段(歌舞伎鑑賞教室)
  • 蘆屋道満大内鑑(歌舞伎鑑賞教室)
  • 歌舞伎座新開場 杮葺落六月大歌舞伎 御存 鈴ヶ森,助六由縁江戸桜
  • 紅葉狩(歌舞伎鑑賞教室)
  • 毛抜(歌舞伎鑑賞教室)
  • 俊寛(歌舞伎鑑賞教室)
  • 壽 初春大歌舞伎 矢の根,連獅子,神明恵和合取組 め組の喧嘩
  • 日本振袖始,曾根崎心中
  • 義経千本桜 渡海屋の段・大物浦の段(歌舞伎鑑賞教室)
  • 義経千本桜 河連法眼館の段(歌舞伎鑑賞教室)
  • 鳴神(歌舞伎鑑賞教室)

神戸の——というより金宝酒家の思い出

昔,よく神戸に遊びに行っていた。大震災を境に街の様相も変わったが,久しぶりに立ち寄ると震災以前からまったく変わっていないところもあれば,さらに大きく変わったところもあったので,記憶を整理してみる。

神戸で中華料理というと南京町近辺のイメージが強いが,実際に値段と味のバランスがとれていておいしいのは中山手あたりの華僑がやってる店だと思う。元町高架下の丸玉食堂,鯉川筋とトアロードに挟まれたエリアには金宝酒家,友屋,群愛飯店,トアロードからちょっと東には鴻華園といった名店があり,どの店もそれぞれに特徴があって訪れるのが楽しみだった。

友屋は普通の定食屋のように見えて,豚バラ肉・牛バラ肉の汁そば,ごはんがおいしい隠れた——といっても昨今はもはや著名なといっていい——名店。

そのはす向かいにあった金宝酒家は緑の壁,真っ赤なドアに「18歳未満お断り」と書かれている上に,外から中の雰囲気がうかがえなかったので恐る恐る入ったところ,陽気なマスターのフレンドリーかつつかず離れずの絶妙な接客と田鶏(蛙)や野菜の炒め物のおいしさ,「中華料理も出すバー」といった風情のムードある店内でファンになった。そのほか,トイレには大村崑と一緒に撮った写真が貼ってあったり,エミール・ガレのランプ,華僑らしく大小さまざまな翡翠の置物があったのを覚えている。震災直後は近くで仮設店舗を設けて営業していた。

その後,金宝酒家があったブロック一帯は再開発で「トア山手 ザ・神戸タワー」というマンションが建設され,その一階に金宝酒家と向かいから移転した友屋が隣同士になった。移転後の様子についてはhttp://ikkhima.ko-co.jp/e40731.htmlが参考になる。

新装開店後,金宝酒家を訪れた際に以前と変わらずおいしい炒め物を味わいながら,これも変わらず絶妙な接客のマスターのウェスリー氏(彼はコックではなくオーナーだ。旧店舗ではオーダーを聞いて,厨房との間の小窓からコックに指示を出していた)とそのあたりの話を尋ねたところ,こんな経緯があったらしい。

もともとこの一角は以前から再開発の計画があったが,地権者の反対もあったりなかなか進んでいなかった。震災で風向きが変わり,再開発が一気に進捗した。金宝酒家も友屋も持ち分に応じて再開発ビル店舗の割り当てを受けたが,金宝酒家はそれにプラスして権利を買ったので店は友屋よりいくぶんか広い。金宝酒家じたいは震災以降人の流れが変わったのか客足が思うように戻らず,新装開店に際して店の雰囲気も以前のような秘密めいた感じから外からも見えるようにしてオープンな感じにイメージチェンジを図り,いままでなかったランチ営業も始めて幅広い客層にアピールしたい——。

現在も友屋は健在だが金宝酒家は2011年にウェスリー氏が亡くなり閉店したのをネット経由で知った。過ぎ去ったある時期の記憶を呼び起こすポインタそのものが過去のものとなってしまった。なお,昔の金宝酒家の西側にあった交差点にはホテルが2件並んでいたがこちらは双方とも健在で,再開発のおかげで入口に面した道路が拡幅され,しかも正面に店舗ができたのでカップルは出入りがしにくかろう。