[20-08-1997]中国 #5 ‐ 昆明・石林

なんとなくほこりっぽい昆明市街

昨夜の遅れが影響し,昆明に到着したときには日が高くなっていた。当初,石林行きの日帰りツアーを昆明の旅行社で申し込むつもりだったが,この時間帯ではもはや受付はしていないであろう。ということで,マイクロバスで送迎のみ行うツアーに参加することにする。街の中にはたくさんのマイクロバスが客を拾いながらぐるぐると回っているのでそのうちの一つに乗ればよいのだが,昨夜の学習から客がある程度乗車していて発車寸前のバスを探すことにした。

どのバスも熱心に(というかうるさく)行先を連呼しているが,客の埋まり具合を見て,あるバスに乗った。やはり満員になるまで出発しないらしく,我々が乗車した後もぐるぐる回遊しながら,女性の客引きが「石林」と書いた札を持ち「シーリン,シーリン」と行先を連呼している。お客になりそうな人物を見つけるとすばやくバスから飛び降り,ひっぱってきては交渉する。もちろん,全然その気のない人を引っ張ってくることもあるので効率は良くない。いいかげんいらいらしてくるが,ここは支那である。そのうち,客引きが男性2人組を連れてきた。親子連れらしいが,金持ち風である。「これはすぐに出発するんだろうな」みたいなことを言っているようだ。説得が成功したらしく,2人組が乗り込んでくる。しかしまだぐるぐる回っているので,「早く出発しないのか」というようなことを大きな声で言っていた。

結局,1時間くらい経ってから出発した。15分くらい走った後,農村の入口で客引き女性と男性を下ろした。彼らは売上の内から幾ばくかをもらうのであろう。狭い通路を挾んで私の横に座っている先ほどの親子連れは妙に体も態度もでかいので観察していると,親父のほうがなんと宍戸錠そっくりなのである。サングラスをかけ,手には石の数珠のようなブレスレットをじゃらじゃらいわせ,バミューダを履いていた。「なんか隣,宍戸錠に似てない?」と碧山老師に小声で囁くと,笑って同意していた。もちろんあだ名は「エースのジョー」に決定である。ジョーの息子の方も同様にアクセサリーをつけ,ふてぶてしい様子だった。ジョーは当初出発が遅れたため不機嫌そうであったが,切符切りの女性と話がはずんで,いつのまにやらご満悦の体であった。

さて,バスが停車するので,何かと思えば宝飾店である。買い物をさせる気でよくあるパターンだ。買う気は全くないが,腹の調子があまりよくないので,トイレに行くため店内に入る。ジョーを観察していると,店員の説明を聞いたりして購買欲はありそうだが,やはりそこはシビアに何も買っていないようだった。再び出発し,碧山老師とあれこれ他愛のない会話をしていると,切符切り嬢が話しかけてきた。「I
can’t speak Chinese」と答えると何やらまた言ってくるので,メモとペンを手渡すと「イ尓地方人?」と書いてきた。ははん,支那語を話していないのでどうも我々のことを少数民族と思っているらしい。本当は日本人であることを明らかにするのはあまり好ましくないと思っていたのだが,言わないとかえって不審がられそうなので「日本人」と書いて返した。相手はそれで納得したらしく,それ以上の質問はなかった。ジョーは興味津々で我々の方を見ていた。

次にある食堂で止まった。ここも先ほどの宝飾店と同様,運転手たちにバックマージンを払っているのだろう。無駄に現金を使いたくなかったのもあるが,脂っこい料理が続いているせいもあり,昨夜来胃がもたれているのでとうてい昼食を取る気にならなかった。そこで碧山老師とじゃんけんをし,負けた碧山老師が軽いものを買いに行った。強い日差しの中,15分くらいして買い物から碧山師が戻ってきた。ペプシコーラとお菓子とウィンナを駐車場で頬張ることにした。ペプシは田舎にしては珍しく冷やしてあった。支那では飲み物を冷やして提供するところは限られており,喉が渇いているときにこういうのは非常にありがたかった。その分,3.5元と若干高めの値段だった。駐車場から開放してある窓から食堂の様子が見えるのだが,ジョーの食べっぷりは見事で,青島ビールをラッパ飮みするのだ。さすがはエースのジョー,豪快である。

ある農村を通過すると,そこではドライブインのような食堂がいくつもあって,そこの前では毛をむしられた家鴨が何匹も首からぶら下げられており,主人が塩か調味料らしきものを首から胴体にかけて擦り込んでいる光景が見られた。他の食堂の前でも同様にぶら下がっていたので,どうもご当地の名物らしい。道路沿いの川を見ると,網で仕切られた中にたくさん家鴨の姿が見受けられた。さて,結構走った後に岩が突き出たようなそれらしい景色が見え始めた。幹線道路からはずれ,みやげ物店があるようなところに到着した。石林かと思ったが,どうもこじんまりしている。皆は降りたり降りなかったりだが,降車する人の方が多いので,とりあえず皆について下車する。3枚綴りの共通入場券を買って,鍾乳洞の中に入っていくのでついていく。白い鍾乳洞をピンクや緑色の照明でライトアップするのは全くもって趣味が悪いのだが,どうもそれをサーヴィスと思っているらしい。どうも石林とは違うようだ。

出てバスに戻るとジョー親子の姿はなかった。おそらく「オレは先に石林に行くぜ。もう待ちきれねえ」とばかりに先に行ったのだろう,と碧山老師と結論づける。もう2個所回ったが,どこも似たような景観だった。鍾乳洞の中に入るとサニ族のかわいい娘さんが民族衣装をまとってガイドしてくれるが,何をいっているのかわからないので,いてもいなくても同じである。後からわかったのだが,この鍾乳洞や洞窟は地下石林といって一応観光地らしい。だが,わざわざ10元も払って芝雲洞・畳雲岩・祭白龍洞を見る必要はないと思う。やはりジョーの判断は正しかったのだ。さすがはエースのジョー。

次にやっと石林に到着したと思ったらそこは石林のミニチュアのような公園で,15分くらいで外に出る。なぜこんな所に寄るのかは意味不明。ま,無料だからいいか。で,やっとのことで石林に着く。いいかげんこの時点で気分は盛り下がっていた。言葉がわからない我々は「5時半に出発するので遅れないで」と腕時計を指しつつ切符切り嬢に念押しされる。片言で5時半ね,と答えると,車番を覚えておけ,と言われる。確かに駐車場には同じようなマイクロバスがたくさん止まっていた。

入園口に向かって歩くと,我々の会話を耳にしたであろうサニ族の物売りが近寄って来て日本語でみやげを勧める。毛頭買う気がないので完全に無視する。かなりしつこいが,售票所であきらめたようだ。入場料は30元と高額だが,ここの入場票は磁気カードになっており,さすが「中国国家級風景名勝区」である。裏面に「広告位」と広告を募集しているところが,いかにも最近の風潮だ。自動改札(といっても機械ごとに横に係員がいる))を通り抜けて中に入ると,またぞろサニ族の物売りがついてきた。「安いよ。お兄さん日本人でしょ」。無視していると「私言うこと聞こえないの。刺繍どう」とさらにしつこく来る。碧山老師がたまりかねて「刺繍,大嫌いだからいらない」と言うと「どうしてそんなこと言うの」と食い下がってくる。温厚な碧山師もたまりかね「うるさい」と一喝すると「あんたひどい人。日本人の馬鹿」などと延々と大声で罵りだしたのには閉口したが,それ以上近づいては来なかった。外国に行くとどうも日本人はこういった物売りのカモにされているので,その余波を被って非常に困る。連中はかなり値段をふっかけているので,買いたいのであればきちんと厭わず価格交渉をして,日本人はカモではないと思わせなければこういった手合いはなくならないだろう。

石林は石灰岩が雨で浸食されて奇岩となるカルスト。世界遺産に登録された。
望峰亭より。
小石林。石林の中にある。

さて,肝心の石林の方だが,いろいろ見て回ったがとかく岩場で高低差が大きく,重い荷物をしょって歩いていたのでかなりの負担だった。景色については拙い文で四の五の言うより,写真で見た方がいいだろう。

5時過ぎに駐車場に戻るとマイクロバスの数はかなり少なくなっていた。早くに来たバスは既に帰ってしまったのだろう。5時半近くになりおおよその乗客が戻ってきたが,エースのジョーの分などの空席があるので,また埋まるまで待機である。いつ出発できるかは全くの運だ。結局,最後に近いくらいに出発し,昨日の深夜バスといいついていない,と碧山師と相槌を打つ。帰路につくが,どうも我々の乗ったマイクロバスはしょっちゅう追い越されているようだ。エンジンの調子がよくないらしい。メロンの中西俊夫風の運転手は焦る風でもなく走らせているが,こちらは早く昆明に戻って宿の確保をしたいのだ。

行くときに通りかかった家鴨のドライブインを見ると,ぶら下がっている家鴨がこんがりといい飴色になっていた。碧山師とうまそうだ,と盛り上がる。バスの振動でうつらうつらしていると,バタンとドアが開く音で目が覚めた。自動小銃で武装した公安が入口にいる。乗り込んできた公安は,我々に荷物を開けて見せろ,と言ってきた。臨検である。碧山師がパスポートを取り出し,提示すると何も言わずに降りていった。車内で大きな荷物を持っていたのは我々だけだったので我々の所に来たのだろうが,外国人はノーチェックということは事前に知っていたので,無用なことをせずにすんで助かった。

昆明に到着する前にはすっかり暗くなっており,疲れた体で宿探しをする気力もなく,昆明火車站の北数百メートルにある2星級ホテル三叶飯店にチェックインした。昼は粗食であったし,ちょっとぱっとしない空気が続いているので,おいしいものでも食べようと出かけた。道路を挟んで向かいにある,昆明でも一,二を争う錦華大酒店の1階にあるレストランに入る。メニューがよくわからないので,英語のメニューを頼む。選んでいるとマネージャがギャルソンに「あれは外国人用のメニューだろう」と注意し,ギャルソンが「いえ,あの人たち外国人みたいなんです」と答えているようで,なにかおかしかった。マネージャは「ああそうなの」の笑っていた。もっとも服装は汚く支那人風の風体だったので,間違えられても仕方がなかったが。近くのテーブルには日本人ビジネスマンらしき3人組もおり,店内にはKTV (カラオケ) ルームもしつらえてあるところから見ると,錦華大酒店は日本人ビジネスマンの常宿のようだ。

久しぶりに冷えたビールを飲みメニューを物色する。正直言って,連日の脂っこい料理に加え,昨夜の食べ過ぎであまり食欲は湧かなかった。そこで,腹やすめの意味から粥を注文することにした。鮑の粥である。値段は30元くらいでかなり値の張るものであるが,こういうときはけちけちしないほうがよい。他にもメニューから推察するにあっさりしたようなものを数品頼もうとするが,おきまりの「没有」でなかなか思うようにいかない。運ばれてきた鮑の粥は絶品で,味付けも上品。疲れた胃に優しく,いくらでも入りそうだった。これで食欲も増進し,さらにいろいろ注文することにした。なかでもおいしかったのが家鴨の舌の燻製で,舌がたくさん皿に山盛りになって出てくるので圧巻であった。歯触りはこりこりしており,軟骨部分を残して食べるが,軟骨の先端は柔らかいので食べることが出来る。かくして,満足感を覚えつつ宿に戻り,一日を終えた。