メモ(携帯電話オペレーターのビジネスモデル)

 仮に,メーカからキャリアが買い取った端末に対して適正な利潤を乗せた本来の価格を60,000円,店頭の小売価格は0円とする。

1. 従来のキャリア:端末販売価格0円=端末代金60,000円-販売奨励金(インセンティブ)60,000円
 ‐ユーザは端末に1円も払わない。
 ‐キャリアの支払うコストは端末販売時に60,000円。
2. ソフトバンクモバイル(SBM)の“端末料金0円”:端末販売価格60,000円=端末代金60,000円-販売奨励金(インセンティブ)0円

 ただし,ユーザは一括で60,000円支払うのではなく,24カ月の分割払いにさせられる。ユーザは1カ月あたり2,500円を2年間支払わなければならないが,SBMが請求から2,500円分毎月割り引くことによってユーザの負担を軽減するスキーム。
 ‐ユーザの端末への実質支払額は0円。
 ‐SBMの支払うコストは24カ月にわたって60,000円。同時に60,000円分の割賦債権を取得する。

 キャリアにかかるコストを単純に比較すると,1.が60,000円に対して,SBMの負担も60,000円。一見同じに見えるが,1.は一度に60,000円を支払うのに対し,2.は24カ月にわたって支払うユーザンスがあるから等価とはいえない。支払いはできるだけ先に延ばすほうが期限の利益が得られて有利なのはファイナンスの基本。

 一方,2.でSMBは「ユーザに60,000円を24カ月の分割払いにさせている」ので,当然60,000円分の割賦債権を手に入れることになる(SBMの分割払いは信販会社などを介在させない自社割賦方式なので割賦債権は手元に残る)。この債権はABSによる証券化などで流動化できるので,ウマく流動化させることができれば60,000円全部とはいわないまでも,キャッシュに換えられる。月々のキャッシュフローがきちんと入ってきて,リスクが比較的低い債権なので,流動化しやすいかと思われる(cf. ヤフーBBのレンタルモデムの証券化)。

 つまり,「払わなければならないコストはできるだけ先送りして,将来入ってくるインカムは先取りしてキャッシュに換えてしまう」というまことにSBMにとってはすばらしいビジネスモデル。でも自転車操業になる可能性はないのか?

ジェネレータ

メンズナックル・ジェネレーター:「伊達ワル」なホスト系ファッションを提唱する『メンズナックル』誌の,メーターが振り切れるほど沸点の高い強烈なコピーを作成するジェネレータ。同誌の「ガイアが俺にもっと輝けと囁いている」「伊達ワル界に下克上は無ぇ。何故なら俺は超えられないからさ。」などのコピーをみると,異常なテンションのネームを日夜考えなければならないライターの苦労が偲ばれる。『LEON』なんかはまだまだ含羞があったんだな。

植田まさし風 似顔絵ジェネレーターVer2.0(■裂斬ブログ■):さだまさしに続いてまた“まさし”ネタ。おもわず「ンモー」と言ってしまいそうなくらいクオリティ高い。背景とかパーツとかのチョイスが作者氏の植田まさしへの造詣の深さが伝わってくる。植田まさしはファミリー系の『おとぼけ課長』『すっから母さん』より,『かりあげクン』『まさし君』『キップくん』あたりのほうが好み。似てるかどうかは微妙だけど,ためしに自画像っぽく作ってみたのが以下の画像。

[XX-11-2006]ハワイ #1

 今回は21時発と遅いフライト。スターアライアンスが集結するNRT第1ターミナルでスカイポーターに託送していた荷物をピックアップし,出国手続に向かう。平日の夜のせいか,ほとんど待つことなくスタンプを押してもらう。

 真新しいビジネスラウンジを訪れると,無料の無線LANサービスが備わっているほかシャワールームも設けられていて,海外のラウンジとひけをとらない。ソファごとにLAN端子とコンセントがあるのもいい。厨房でつくられた天ぷら蕎麦やうどんなどを食べることができる。これでもう少し天井が高ければ申し分ない。落ち着いた雰囲気のなか,搭乗手続が始まるまで酒を飲みながらぼんやりと時間を過ごした。

 搭乗ゲートに向かい,手続後手荷物検査を受ける。US行きということもあり,厳重な検査の予想に反してあっさりと終わる。機内に入る際,乗務員にノートPC用のコンセントはあるかとたずねると,ないとのこと。列の数人後ろから「えっ,コンセントないの」との声が聞こえる。それなりのフライト時間があるのにコンセントがないのは不便。機材にもよるのだろうけど,リゾート路線とはいえCクラスだし,そこは改善してほしい。機材はボーイング767-300。

 機内ではひとまずシェリーのスプリッツァでのどを潤す。機内食は鱸のポワレ,アンチョヴィソース。和食は姫竹うに焼き真丈と菱蟹と水菜の土佐浸しに食指が伸びるが,メインがすき焼きと遅い時間のフライトには若干重いような気がしたので,洋食を選択。味はそれなりで,日本のキャリアでもあることだしやはり和食にしておけばよかったかなと若干後悔する。

 酒をちびちび飲みながら落語を聞き,ぼんやりする。結構な時間になってきたのでナイトキャップにコニャックをもらい,寝ようとするが輾転反側,うまく深い眠りに入れない。結局,熟睡できずにホノルル空港に到着した。とはいえ,ミールサービスに気がつかなかったくらいだから,それなりに寝ていたのだろう。

 入国手続は到着客が多いので多少行列ができているものの,拍子抜けするほどスムーズに完了。朝方にもかかわらず,すでに南国特有の熱気が充満している。タクシーで商用先がアテンドしてくれたシェラトン・ワイキキに行き,チェックインする。部屋はビーチとダイヤモンドヘッドが一望でき,快適。寸暇を惜しみ,早速泳ぎに行くことにする。平日の午前中ということもあり,ビーチ,ビーチに面したホテルのプールとも人がそれほど多くない。プールサイドでタオルを借り,まずは海でぷかぷか遊泳する。ころあいをみてプールに移動し,バーで酒をこしらえてもらい椅子で文庫本片手にのんびりする。プールではしゃぐ学生とおぼしき日本人観光客をながめて雑多な感想をもちながら,午後の予定に備えてはやばやと引き上げた。

[写真]ホテルの客室から見下ろすプール。RIMG0014.JPG

 午後のアポイントの前に食事を済まそうとぶらぶら歩く。ピンとくる店がないけどファストフードはイヤだし,と店選びに苦慮する。ロコモコを食べようと思い立ち,ほどほどのレストランに入ってオーダーするとやけに時間がかかる。約束の時間が迫って焦るなか,やっとテーブルに運ばれてきたロコモコを口に運ぶと,上に乗ったハンバーグが焼きたてかつジューシーでおいしい。

 約束の時間に少し遅れてしまったものの所用を片づけ,ぶらぶらとワイキキを散歩する。夜はホテルのバンケットホールで開かれた宴会に参加。米国でディナーを期待する方が間違いと思っていたらやっぱりおいしくなかった。その後は時差や旅の疲れもあって早くに床についた。

シンクロニシティ

 動画投稿サイトの一部で板東英二がアツい。板東英二といえばあまり野球に興味のない筆者でも知っている「燃えよドラゴンズ」が有名で,動画投稿サイトにもよくアップされている。筆者が好きなつボイノリオの「名古屋はええよ! やっとかめ」も山本正之作曲で,「燃えよ~」と曲の雰囲気がよく似ている。

 昨年の大晦日,テレビ東京で「年忘れ にっぽんの歌」を新宿コマ劇場の最終ステージとして放送していたのを見ていた筆者は驚いた。ゴールデンタイムに堂々とコマ劇場の舞台で笑福亭鶴光が「うぐいすだにミュージックホール」を歌い始めたからだ。しかも,あのナレーションつきで。実はこの曲も山本正之の作曲だった。

 今年リメイクされた映画『ヤッターマン』では当時の主題歌・挿入歌なども昔のまま使われており,筆者にとっては非常に懐かしい。これらも山本正之の曲だ。なにやら,すべてが山本正之に収斂していくような気がする一方,どれを聞いても山本正之節なのがおかしい。