[XX-10-2019]インドネシア ‐ ジャカルタ #1

※この項,更新予定あり。
朝,京成スカイライナーで成田空港へ。ラッシュ時でも所要時間があまり延びていないのはたいしたもの。出発ロビーで出国審査場の自動化ゲートの利用者登録を行う。5分程度で作業は完了。法務省の職員に自動化ゲートを利用すると旅券への証印が省略されるとの説明を受け,他国入国時の不利益の有無を訊くと,「基本は問題ないが,インドや中国など一部の国で入国時にトラブルになったという報告がある」というので,ゲート通過後に念のため係員に押印してもらう。国際線でも搭乗券発券に並ぶことなくスマートフォンのQRコード提示だけで済むし,出入国審査も自動化されれば,行列嫌いの筆者にとっては機械化さまさま。

免税店で軽く買い物をして,エアラインのラウンジでカレーライス,サラダとビールの遅めの朝食をとる。期待していなかったプレミアム・エコノミーはシートピッチが広いだけあってそこそこ快適。すっかり薄暮のスカルノ・ハッタ空港に到着。外国の空港に降り立った瞬間の気温やにおい,空気の感触が好きだ。

ターミナル3の国際線到着フロアの反対側に位置する国内線到着フロアにあるTELKOMSELの店舗GraPARIまで歩く。南国特有のゆっくりした窓口対応なので,しばし順番待ち。GraPARIではカード払いができないのでインドネシアルピアを引き出そうとしたら複数の金融機関のATMで「取扱いできない」と表示され焦るが,別の場所にある違う金融機関のATMで引き出せて一安心。SIMは3日間有効でデータ量3GBに設定してもらう。APNの設定などは不要のようだ。なお,SIM購入時にはパスポートのコピーを取られる。事前に日本でTELKOMSELのアプリ「My Telkomsel」をインストールしておいたので,SIMの電話番号を登録。このアプリではデータ量の残りなどが確認できる。

回線開通後,クレジットカードの登録などは日本で設定するとうまくいなかいなどの情報があったので,日本であらかじめインストールしておいた配車アプリGrabの設定を行う。なお,カード情報の入力時に3Dセキュアの設定を求められるので注意が必要だ。

空港の各ターミナルを結ぶ無料の新交通・スカイトレインに乗車。ターミナル2駅の次,スカルノ・ハッタ国際空港駅で下車。そのまま直結している空港連絡鉄道Railink(レイル・リンク)の乗り場に行く。自動券売機ではタッチパネルで下車駅を指定し,電話番号を入力して,クレジットカードで運賃を支払う。現金は使えない。係員に電話番号は実際の番号である必要はなく「0」でよいと教えてもらう。

発車間近の列車に乗ると,タクシーやバスに比べると運賃が割高なせいか車内は空いていて快適。有名なジャカルタの渋滞を考えれば,夕方はなおさら時間が読める鉄道のほうがよいだろう。途中スイッチバックで進行方向が変わったりしながら終点のManggarai(マンガライ)駅に到着。在来線への乗り換えに中間改札がなく,在来線のきっぷの買い方がよくわからない。駅員に尋ねると,隣にいた親切な中年女性がホーム上にある券売機に誘導してくれて,在来線ICカードの買い方を教えてくれた。さらに少額紙幣をもっていなかったので,運賃まで払ってくれた。

マンガライ駅は複数の路線が乗り入れるターミナルで,乗降客も多いが,ホーム間の移動はホーム中央と端にある遮断機のない踏切を渡って移動する。電車が止まっている間はホームの端までいかないと移動できない。乗り場によってはホームがなく,長いベンチのような踏み台を使って電車に乗らなくてはいけないなど,なかなか日本ではお目にかかれない光景だった。

日本の東京メトロ有楽町線車輌を改造した通勤列車に乗ってGondangdia(ゴンダンディア)駅で降り,構内にあるコンビニでミネラルウォーターを買う。徒歩5分程度でジャラン・ワヒッ・ハシム沿いにある昨年オープンしたばかりのホテルにチェックイン。

シャワーで汗を流し,フロントに「jalan-jalan(散策)」と告げて外出。ジャラン・アグース・サリム沿いの屋台を横目で見ながら,パダン料理を出すNatrabu(ナトラブ)で遅い夕食をとる。テーブルにずらりと並べられた小皿からグライアヤム(鶏のココナツカレー)と野菜炒めをチョイス。食べない皿は手をつけなければかまわない。ムスリムの多い国なのでメニューに酒類がない一方,礼拝所があるのがおもしろい。食後,酒を呑みにジャラン・アグース・サリムを南下してPisa Kafe(ピサ・カフェ)へ。おなかが空いていないのでビンタンビールとアペタイザーのブルスケッタを頼む。ここではホールでライブ演奏を楽しみながら食事もできる。気軽なテラス席でビールを飲んでいると,蚊に食われるのは困った。