タグ別アーカイブ: 中国

[18-08-1997]中国 #3 ‐ 大理

 寝台バスは朝6時に下関のバスターミナルに到着した。最初はどこに到着したのかわからずトイレ休憩かと思ったが,どうやら終着らしい。白人が現地人と話をしているのを横で聞くと,大理ではなくその手前にある下関のようだ。合併したため,現在は行政区分でいうと下関は大理市になるのだが,一般的には大理の旧市街(行政区分は大理古城)と区別して下関と呼ばれている。4路バスを20分ほど乗り(1.2元),大理に到着。ここはかつて大理国の都で,城壁都市だったので街の入り口に城門がある。ビルマ(ミャンマー)国境からは約150kmしかなく,ほとんど支那という雰囲気ではない。

 まず,宿泊するところを探す。ガイドブックなどには紅山茶賓館がよいと紹介されているが,KATSURAGI, Ichiro氏の手になるウェブの旅行記(現存せず)で紹介されていた楡安園(No.4 Guest House)にチェックインする。ここは中庭があって静かで環境がよい。われわれより先に交渉している白人は高くてきれいで広い部屋に決めたようだ。こちらはドミトリーは避けたかったので,ツインはないかと聞くとあるらしいのでここに宿を決める。

 部屋に案内してもらうと,ベニヤ張りの壁に新聞紙と模造紙を張っただけの粗末な部屋だったが,なにせツイン1部屋につき1泊50元(約700円)という値段なので文句は言えない。盗難防止のため備え付けの机に鞄を鎖で縛り付け――もっとも鞄そのものを裂かれては無意味ではあるが――朝食でもとろうと外に出た。フロントのそばで交渉している東洋人がわれわれに「日本人ですか」とたずねてくる。聞けば日本人学生で,1か月近く支那を周遊しているらしい。沙坪のバザールへ行くので一緒に行きませんかと言われ,とりあえず朝食をとりに行くのでその後でと返答。

china_4.jpg 街をぶらぶら歩いてみるが,出勤する人や路上のあちこちで野菜などを売る露店が出ており,活気がある。ある角を曲がると朝市が開かれており,野菜や解体された豚なども売られていた。露店で包子(パオズ)を1つ6角(1元=10角)で買って頬張るが,予想に反し中味は甘く期待はずれだった。あちこちの露店で大理の少数民族・白(ペー)族の「乳扇」というチーズの一種を揚げて売っており,おいしそうだったが揚げ油が悪そうなので一度も買わずじまいだった。

[写真]大理古城の朝市遠景。

 白族と言えば昆明に来て以来,漢民族より少数民族系の顔が多く,特に大理に来てからはあざやかな民族衣装を着て籠を背負った白族の女性の姿が多い。街も独特の香辛料の香りが漂ってくる。メインストリートである復興路の人混みの真ん中で,白族の年輩の女性がきちがいの乞食に銭を与えていたのが印象的だった。適当なところで朝食をとろうとハッピーレストランの向かいの店で米線を食べる。6元。

china_5.jpg いったん宿に寄って先ほどの日本人学生を簡単に探すが,不在のようなので10kmほど離れた沙坪で開かれるバザールに行くことにする。沙坪のバザールは毎週月曜日に行われる白族の市で,観光客もよく訪れるようだ。公路に出て下関から来る沙坪方面行きのミニバスを待っていると,先ほどの日本人学生がいた。彼は現地人に某ガイドブックのコピーを見せ,ここに行きたいのだが,と言っている。

[写真]公路(バス通り)。牛がうろうろしている。

 結局彼とは別のミニバスに乗り,40分ほどで沙坪に着いた。バスを降りて,露店の間の民族衣装も鮮やかな人混みを歩いていくと急に斜面がひらけ,一面に露店が広がっていた。バザールでは葱や白菜などの野菜、肉類、衣料品、刺繍や大理石の工芸品,怪しげな漢方薬なども売られており,食べ物を出す屋台もあった。

china_10.jpg china_11.jpg

[写真左]バザールの入口付近。
[写真右]綿糸を売りにきた白族の女性たち。

china_6.jpg china_7.jpg

[写真左]バザールの入口付近。バザールでは葱や白菜などの野菜、肉類、衣料品、刺繍や大理石の工芸品などさまざまなものが売られている。
[写真右]豚の売り子と品定めする客。撮影しようとすると,大きい中華包丁で豚を解体している髭の男性に気づかれてしまい,睨まれてしまった。

 現地人に混じり,白人の姿もちらほら見受けられた。極東のこんな辺鄙なところにも観光に来る彼らのバイタリティには感心させられる。

china_8.jpg china_9.jpg
[写真左]こちらは古着を販売しているエリア。
[写真右]怪しげな漢方薬売り。籠を背負った男の前にあるのが虎の足。これも半ば隠し撮り。

 バザールを一通り見た後,沙坪の部落へ入ってみる。部落内の狭い道は牛や馬の糞が落ちている。まだまだ現役の輸送手段なんだろう。建物は煉瓦造りで古く,地震が起きればひとたまりもないに違いない。なんだか寂れた感じがする。
china_12.jpg china_13.jpg
[写真左]沙坪の部落からバザールに向かう住民。
[写真右]パイ生地のように土を積み上げたもろそうな塀が続く。

china_14.jpg 大理に戻り昼食を食べ,次は名勝として知られる三塔寺へ赴いた。高い入場料をとる割にこれが非常にいんちき臭い建造物で,地震の多い地域であることから「大昔に地震で塔が崩壊した跡地に,人民解放軍が客寄せに再建したのだろう」と友人と決めつけておいた。

[写真]三塔寺全景。

 その後ぶらぶらと大理周辺の地域を散歩している途中に,建築途中の家を数軒見かけた。単純に煉瓦を積み上げただけの煉瓦造りで,細い鉄骨が数本ひょろひょろと入っているだけなのだ。あれでは地震がくれば崩壊するのは目に見えている。中国で地震が起きるたびに多数の死者が出るのはこのあたりに起因しているのかもしれない。

 宿に戻り,夕食を食べに行こうとするが適当なところがなく,スーパー風の商店に入りビールやコンビーフ,カップラーメン,スナック菓子などを買って宿で食べることにした。菓子類は甘いものが多く,いわゆるポテトチップス類は少なくてあったとしても高くて油が悪そうなものしかない。料理は辛いが菓子は甘い物好きなのだろうか。

 部屋に戻り,缶ビールで乾杯をし,つまみのコンビーフを開けようとすると途中で缶の切断部がねじ切れてしまい,それ以上缶を開封することができなかった。おいしそうな匂いを恨めしく嗅ぎながら,部屋に備え付けてある茶用の熱湯でラーメンを作るが,これがまずい。具がレトルトで値段もそれなりにするのだが,いかんせん麺がまずい。別のラーメンを作るとこれが異様なもので,椎茸臭く(具に椎茸が浮いている)非常にまずかった。日本で「まずいカップラーメン」といってもここまでひどくはないだろう。

 共同トイレに行った帰り,室外にある厨房の横の通路を通ると,巨大な数匹のネズミがかまどの上をかけっこしているのを目撃。中国らしいといえばいいのか,なんというか……。

[17-08-1997]中国 #2 ‐ 昆明

 朝,ホテルをチェックアウトし,歩いて1分で上海虹橋空港に到着,チェックインカウンタに並ぶ。現地人でも空の旅が出来る階級はやはり裕福そうで,荷物などを見る限り日本人とさほどかわらない。ちなみに,中国語でファーストクラスは「頭等艙」,ビジネスクラスは「公務艙」,エコノミークラスは「普通艙」と表記される。時間が来たので登机場(搭乗口)から7時50分発の上海航空SF451便に乗り込んだ。

 離陸後,おきまりの女性服務員(キャビン・アテンダント)の種々の説明の後,彼女らが一礼すると機内から拍手が起こった。おそらく,客相手にお辞儀をするという習慣がない中国人にとっては感動に値するものなのだろう。しばらくすると機内食のサービスが始まり,ピーナツやらお菓子やら妙な代物が配給された。ワゴンのジュースは常温でそれに氷を入れるのだが,ミネラルウォーターでない現地の水・氷は腹をこわす恐れがあるので,ぬるいままコーラを飲んだ。いすのポケットにはごみが掃除されていないまま放置されており,機内ビデオは意味不明のスケボー少年のドラマや歌謡番組などと交互に人民解放軍のプロパガンダ映像を流していた。

 11時前に昆明に到着して機外に出ると,上海とはうって変わって空気がひんやりとして心地よい。空港前にある雲南航空の售票所(切符売り場)で帰りの上海便のリコンファームを済ませ,中国民航のリムジンに乗る。途中で服務員に「どこで降りるのか」と聞かれ,茶花賓館に行こうと考えていたのでその横にある民航售票所といえば話が早いと思い「售票所」と紙に書く。ところが降ろされたのは市街地にある雲南航空の售票所の前だった。後日わかったのだが,民航が発票業務を雲南航空に委託したらしく,リムジンが間違っていたわけではなかった。

 昆明の町は上海に比べて土っぽく,やはり省都とはいえ地方色が濃い。china_3.jpg歩いている途中,ビル建築現場を見るとかなりの高層建築にもかかわらず足場はすべて竹で組んであり,ビル全体が竹のオブジェのように見えて面白かった。おそらく建築中に10人以上は不慮の死を遂げているだろう。

[写真]バスの車窓からみた昆明市内。

 20分ばかりで茶花賓館に到着し,中にあるツーリストデスクでその日の夜に乗る大理行き寝台バスの予約をした後,昼食をとりに町に出た。昆明飯店の正面に「自助餐庁(バイキング)30元」と掲げられた清潔そうなレストラン「漢莎〓(くちへんに卑)酒坊」があったので,そこに入る。

 そのレストランは地ビールを作っているのが売りらしい。料理はいわゆる「支那料理」ではなく,どちらかといえば東南アジアの料理に近い雰囲気がするものだった。たとえば,チキンライスかと思った赤い炒飯は実は唐辛子で赤く染まっているだけだったり,スープもうまいがやたら辛く,タイ料理みたいな雰囲気だった。もう1種類のスープは内蔵を裏ごししたようなこくがあってとろみのある妙なもので,ちょっと口に合わなかった。たくさん分量を食べられるものではなかったが,辛いスープや唐辛子ライスのような比較的おいしく口に合うものを集中的に食べて腹をふくらませた。

 昼からは1時間弱ほどバスに乗って西山森林公園へと向かった。入園料は外国人料金が設定されているので,窓口では現地人を装って「両票(2枚)」と言って現地人料金分の金を投げると,票(入場券)を投げ返してきた。成功だ。

 ここでは絶壁にへばりついた,人が1人通れる細い道を通って眼下に昆明湖の絶景を眺めることができる。china_2.jpg狭くて急な石段を上がっていくと,コンロだけの小さな露店で揚げ菓子を売っていたり,民族衣装を着させて写真を撮らせたりと,なかなか商売熱心だ。出口を出て,50元もする「超高級リフト」でバスのりばまで降り,バスに乗って再び昆明市内に帰った。急な坂を荷物持ちで歩き喉が渇いていたので,「雪碧(スプライト)」の500mlペットボトルを買い,一気に飲む。ついでに夜間,バスで不自由しないようにミネラルウォーターも2本買っておいた。

[写真]左下が昆明湖畔。4階建てくらいの建物が小さくみえるので,その高さがうかがいしれる。

 深夜バスまでの時間があまりないので,夕食はバスが発車する茶花賓館でとることにした。レストランは普通の支那料理で,青島ビールをやりながら昆明名物の米線(みんせん。太いビーフンというか,米で作ったうどんのようなもの。だしはラーメンより淡泊),青椒肉絲や野菜炒め,冬虫夏草スープなどを平らげた。味つけは少し辛いもののおいしい。

 ゆっくりしているうちにバスの発車時刻が迫ってくるのであわててレストランを出て,ロビーに行く。しかし,ホテルの前にバスが着いているようすはなく,訝しがっていると,案内人が現れ誘導を始めたのでついていく。200mほど離れた駐車場に数台寝台バスが停車しており,その1台に乗り込んだ。車内は現地人だけでなく欧米人もいる。2段の寝台は1つのベッドにつき2人で,蒲団も衛生的とは言いがたい。さらに,ベッドの長さが少し短いので足を曲げねばならないのも不快だった。

 発車して30分くらい走ったところでバスが止まった。あたりは真っ暗で,なにも見えない。どうやらトイレ休憩らしいので,一応小用をすまそうと思い車外に出ると,乗務員に「そっちはダメだよ」(推測)と言われた。よく見るとバスと塀の間に女性たちが尻をつるりと出してかがんでいた。状況を把握したので男性が壁に向かって立っている反対側に行き,用を足した。寝台バスは,窓から隙間風が入ってきて寒く,道も悪路で寝心地も悪かった。

[16-08-1997]中国 #1 ‐ 上海

 関西国際空港からJL793便に乗り,2時間程度のフライトで上海虹橋空港に到着。「中国の入国審査はかなり威圧的だよ」と同行した友人から聞いていたが,拍子抜けするほどソフトですんなり入国。空港ロビーの中国銀行で円を人民元に兌換してもらおうとするが、なぜか2万円分しか両替してもらえなかった。

 翌日の雲南省・昆明行き上海航空の航空券を購入するため、空港の国内線カウンターに向かい,端末から航空券を購入する。運賃は3,040元(1RMB=約14円,当時)で、あらかじめ調べていた運賃(3,720元)より安く,なんか得をした気分だった。ついでに昆明から上海に戻る雲南航空の便も予約する。

 空港そばのホテル,虹港大酒店にチェックインし,荷物を置き,空港のリムジンバスを利用して上海市内へ行くことにする。この日の計画は友人が立てていたので、彼の指示に従って途中のバス停で降り,そこから歩いて波特曼香格里拉酒店(ポートマンシャングリラホテル)に向かう。ポートマンシャングリラホテルの4階に上海劇場があり、そこで上海雑技団の公演を観劇しようというわけだ。途中,のどが渇いたので、日本でもありそうな清潔なパン屋で冷やし賃含めて3.6元のコーラを買う。

 南京西路に出てホテルに到着した。いろいろ予定を立てていたが日程があわないので,当日券を買うことにした。観劇料は1人あたり45元。あまりいい席ではない。劇が始まるまで時間もあるので外灘(旧租借地)へ向かうことにし,ぶらぶら歩いて書店などをひやかしたり,通りを観察したりしていた。途中,南京路を走る20路バスに乗る。バスは連接式で古く,運賃は0.5元と非常に安いが,これでも最近値上げしたようだ。途中で南京路から脇道に入って止まるので何事かと思うと,運転手が何か叫んで,乗客が降りだした。どうやら運転を打ち切って車庫に入るらしいが,運転手の家族らしき数人はそのままバスに居残っていた。
15940010.jpg
[写真]にぎわう南京東路。歩行者天国になっている。

 さて,そうこうしている内にあまり時間がなくなり、とりあえず夕食をとろうとするが,ゆっくりと落ちついて食べる暇はないので「別に上海でわざわざ入らなくても日本でいくらでも入られるのに」といいながら「麦当労」に入る。値段はチーズバーガーセットで19.4元とやや高めで,分量は現地の基準からすると少ないにも関わらず,大勢の客で賑わっていた。「麦当労」はハンバーガー・チェーン「マクドナルド」のことで、台湾では正字を使うので「麥當勞」の表記となる。

 遅刻寸前でポートマンシャングリラホテルに戻り,エスカレータで上海劇場に入る。上海雑技団はさすが有名なサーカスだけあり,見ごたえがあった。観劇後は最終のリムジンに乗りそこねたので,タクシーでホテルに帰った。