携帯電話うだ話

 先日PHS端末の機種変更に家電量販店に行った折,同じカウンターでNTTドコモの端末を機種変更している男性の携帯電話端末を見てびっくり。なにしろ大きい。直前まで使えていたのだから,さすがにアナログじゃないだろうとは思ったけど,相当な年期ものらしい。「あまりに古い機種なので電話帳のコピーができない」と店員が言っているのが聞こえてきた。気になったので帰宅してから調べてみたら,どうやら「デジタル・ムーバN101 HYPER」のようだ。そういや昔ムーバ使ってたなあ,と筆者が使ってきた移動体通信の機種を思い出しながら検索してみると,意外とあの時代の携帯電話の情報は少ない。

 ところで,昭和30年代の家電製品の情報やら現物が少なくて,当時のドラマを作るときに苦労するという話を聞いたことがあるが,今のうちにバブル期~90年代半ばを再現するドラマを作るためにショルダーホンとか自動車電話をかき集めておいたほうがいいような気がする。特に最近は商品サイクルが異常に早いので,こういったデジタル系小道具の需要は将来増えるだろう。

 閑話休題。筆者が最初に持ったのはAstelのPHS。たしか1996年の秋ごろで,まだ直接携帯電話にはかけられないとか,携帯電話自体も遠隔地や海上にいるときは030/040と番号を変えなければならないとか,いろいろ制限があったような記憶がある。端末は松下製のA231(青色)。黒くて重い携帯電話に比べ,小さくて色もきれいなPHSは飲み屋のおねーちゃんに珍しがられた。しかし主に待受を目的として契約したにもかかわらず,自宅にいても圏外になることが多いため,業を煮やして着信が確実な携帯電話にスイッチした。

 価格面を中心に比較検討した結果,NTTドコモ(NTT移動通信網=当時)の1.5GHz帯ディジタルを選択。端末は「デジタル・ムーバP151 HYPER」だった。今,部屋を探してみたら出てきたので触ってみると,電池パック部分は弱いものの最新機種に比べてしっかりがっしり作ってある。そういえばいつから電池パックのSとLはなくなったんだろう。このころIDO/CellularではまだTACSなどのアナログも残っていて,「ディジタルのほうが音がいい」などという話も聞いたが,今から思えば単に「ディジタル」という言葉に惑わされていただけだったように思う。

 ところが,この1.5Ghz帯のサービスは関東・東海・近畿圏だけ。しかもPDCだからPHSに比べてあまり音がよくない(それでも今のPDCにくらべればずいぶんマシ)。さらに,ノートPCを買ったので「外出先でもデータ通信をしてPCのメイルが読んでみたい」と思い,再びPHSにスイッチ。当時知人がDDI Pocketを使っていて電波の状況はよいと聞いていたのと,ただでメイルができる裏技(テレネーム)があるということで,DDI Pocketと契約。その後は,都市圏に在住している限り音質は最高で地下も完璧ということで,機種変更を繰り返しながら,現在に至っている。まあ,今は端末でのPC向けウェブ閲覧が定額,PCに接続してデータ通信しても定額,POP/SMTP叩いてプロバイダのアカウントのメイルまで送受信できるので,ほんとにいい世の中になったもんだ。

雅楽演奏会‐宮内庁式部職楽部

平成15年10月24日~26日

  • 管絃
    1. 平調音取(ひょうじょうのねとり)
    2. 催馬楽 伊勢海(いせのうみ)
    3. 越殿楽残楽三辺(えてんらくのこりがくさんべん)
    4. 鶏徳(けいとく,「けい」の字はつくりが隹)
  • 舞楽
    1. 春庭花(しゅんでいか)
    2. 仁和楽(にんならく)

平成14年10月18日~20日

  • 管絃
    1. 太食調音取(たいしきちょうのねとり)
    2. 仙遊霞(せんゆうが)
    3. 庶人三薹(そにんさんだい)
    4. 輪鼓褌脱(りんここだつ)
  • 舞楽
    1. 青海波(せいがいは)
    2. 貴徳急(きとくのきゅう)
    3. 蘇利古(そりこ)

アサヒ・コム,ミラーサイトの生き残り

10近くあったのもかなり減った。よく使ってたのは tokyonet.asahi.com や iij.asahi.com,ntt.asahi.com。nifty.asahi.comはわりと最近まで使えた。
http://kdd3.asahi.com/
http://uunet.asahi.com/
[追記]その後,アクセス負荷の軽減を目的としたアサヒ・コムのミラーサイトはすべて消滅した。

スケッチショウライブ「WSS」@渋谷AXのセットリスト

○はNHK-hi,NHK-BSでオンエアされた曲
× M1.Y.M.O.メドレー (Cosmic surfin’,Solid State Surviver,体操)
○ M2.Reform
× M3.Ekot
○ M4.Do You Want To Marry Me
○ M5.Supreme Secret
× M6.Night Talker
○ M7.Ohotsuka
× M8.Theme from A SUMMER PLACE
○ M9.Wilson
○ M10.Gradated Grey
○ M11.Wonderful To Me
○ M12.Chronograph
× M13.Turn Turn
× M14.Microtalk
× M15.Flying George
× M16.Return
○ M17.Zoetrope
○ M18.Pure Jam
○ En1.CUE
○ En2.中国女
○ En3.はらいそ
(出典:2ちゃんねる)

名古屋

小・中学校の友人に名古屋出身者がいた。友人を通じて流れてくる名古屋のさまざまな話は,見たことも聞いたこともない異郷の文化だった。そして,歳月を経てFrashで再びよみがえる名古屋…
http://www.hi-ho.ne.jp/bassan/gallery-flash/nagoya.swf解説

名鉄グループ提供『ふるさと紀行』/名鉄メルサ/ドラゴンズ/テレビ塔/ユニモール/テレピア/千なり@両口屋是清/マツザカヤ/ういろう/ムッターハム/味噌煮込み/お笑いマンガ道場/きしめん/とこなめボート/ナゴヤテレビ (メ~テレ)/小倉トースト/素がきや/ゆかり@坂角総本舗/ユニー

百姓読み

漢字を偏や旁(つくり)の音にひかれるなどして誤って我流に読むこと。[大辞林 第二版]
正:独擅場(どくせんじょう)/百:独壇場(どくだんじょう)〔「擅」の字自体が違う〕
消耗――正:しょうこう/百:しょうもう
洗滌――正:せんでき/百:せんじょう
装幀――正:そうとう/百:そうてい
口腔――正:こうこう/百:こうくう
攪拌――正:こうはん/百:かくはん
垂涎――正:すいぜん/百:すいえん
直截――正:ちょくせつ/百:ちょくさい

#洗滌は洗浄の読みに引っぱられるのかも。

パソコンサンデー

大和田獏→小倉智昭 (asエラーマン) →下条アトム→三波豊和→小倉智昭,プラス宮永好道氏 (as Dr.パソコン)… 音声多重放送の副音声でプログラムを流すという画期的な番組。もちろん,それを録音してデータレコーダを使ってマイコンに読み込ませばプログラムが走る。シャープのマイコンはMZ系がパソコン事業部,X1 (CZ) 系はテレビ事業部が担当しており,どちらもクリーンコンピュータがウリだった。オープニング曲の姫神せんせいしょん「Gan-Do」も懐かしい。

http://www2s.biglobe.ne.jp/~ITTO/x1/sunday.html

こだわり〔こだはり〕

(1) こだわること。拘泥。「今では彼に何の―もない」
(2) なんくせをつけること。文句をつけること。「本家から―のくる嫁をとり/柳多留拾遺」[大辞林第二版]

だから「店主こだわりのスープ」というのは…

une expérience d’acide

マッド・サイエンティストのジョン・C・リリー博士が昨年9月に死去していたとは。ずいぶん昔に某所で野中英紀とリリー博士が話をしているのを見かけたけど,その時点でもうよぼよぼだったからなあ。だいたいあのじいさん,ジャンキーだったし。合掌。
http://rs.pod.tv/movie.htm ←なぜこの人が? という疑問がないわけでもない。

吐き気をやり過ごして寝ころぶと,部屋のスポットライトが妙に明るく感じるとともに,床と腕が融合する感じがする。感覚が鋭敏になり,音楽にあわせてさまざまなものが見えてくる。テクノをかけると,次第にプラネタリウムぽい明るいきらきらする星座のようなものやナスカの地上絵のような模様が部屋の天井に浮かびはじめる。目をつむってガムランを聞くと南国の王家での王位継承を巡るいざこざが浮かんでは消えるといった「ビジョン」も見えた。BPMの早いモノだと攻撃的な気分になり,メロウな曲だと体が溶けそうになるなど曲調によってかなり影響されるようだ。だんだんと「意識の拡大・変容」がはじまるのを実感する。
やたら部屋がクリアで明るく,広い感じ——ハイビジョンで見るような解像度の高さ――を受ける。視床下部に直接影響するからだろう。不思議な高揚感がする。部屋の隅には雲に乗った来迎仏が現れ,『イエロー・サブマリン』のDVDをセットすると,メニュー画面の光の輪の向こうにとてつもない幸福感があるようだ。本編にはいるとまわり一面に茸がにょきにょきと生えだして,頭から胞子を振りまき,時間感覚が喪失する。異常に愉快で時間が猛スピードに過ぎてゆく。
一転,バッドに入る。意識の変容はプラス方向にもマイナス方向にも作用する。社会に二度と戻れなくなる疎外感を味わう。

かくして数時間の意識の世界への旅行は,学生時代の研究でいろいろな書物をひもといてきた知識の大きなうらづけとなった。途中でも意識と自分の肉体との関係性を問うたりはしてみるものの,どうどうめぐりになって,最後は大きな波に押し流されてしまう。フロイトの「不安神経症」と似た感覚でもあるかも。
宗教儀式なんかではグル(導師)が「悟ったらこんなに気持ちいいぞ」と新入りをあっちの世界に連れていくわけだけど,やっぱり新入りなもんで途中でコントロールできずに彷徨ってしまう。そこをグルが導いてやるので,まさに「導師」。まあ,追悼で『アルタード・スターツ』でも見るかな。

“C’est pour cela que je ne peux pas me passer d’acide”――LAUGH-GAS (細野晴臣)